iCloudを使いこなす!iPhone容量は64GBで余裕

iCloud(アイクラウド)の仕組みを知るとiPhoneストレージ(容量)は最小の64GBでも余裕!

Apple製品を複数を持っている人は月額130円の課金(50㎇プラン)が絶対おすすめ。
130円以上のリターンがあります。


Googleフォト有料化でデータ移行先に困っている人。
iCloudも有力な選択肢になりますよ。

中古ガジェット大好きUSED LIFEです。
Twitterもやってます。

皆さんiCloudの仕組みはご存じですか?

最初はわかりにくいですが、使いこなすとめちゃくちゃ便利な機能なんです。

iCloudは便利なのに知られていない


私は中古iPhoneが大好き。
現在中古を乗り継いで4台目です。


中古iPhoneを安く購入する為のポイントがストレージ容量
当然ストレージ容量が少ない方が安く買えます


でも少ない容量だと足りるかどうか不安ですよね。
iPhoneにはSDカード差し込みは出来ませんし。

USED LIFE

少ないストレージ容量で運用するにはiCloudを活用しましょう!

iCloud課金をした方がストレージ容量が多いモデルを買う金額よりも安く、便利に使うことが出来ますよ!

iPhoneのストレージ容量不足で困っている人、安くiPhoneを使いたい人向けの記事です。

iCloudの仕組みと便利さがわかります。

月額130円で出来る事多すぎ!

目次

👆結論 iCloudは月130円課金する価値がある

・大容量ストレージモデルを買うよりiCloud課金した方がお得

・iCloudを使えばApple製品同士の連携力が更に高まる 使わないのは損

・iCloud最大のメリットは『iPhone本体のデータ容量を大幅に減らせる事』

・64GBモデルでもストレスなく運用できるようになる

・iPhoneだけでなく、iPadやmacなど他のApple製品ストレージ容量も削減できる

iPhoneはストレージ容量で価格差が大きい

iPhoneを安く買う為には本体ストレージ容量がポイント。

当然容量が少ない方が安いです。
では一体どれくらい差があるのでしょうか。

新品・中古の価格差を調べてみました。

新品でiPhoneを購入する場合

iPhoneを新品購入する場合
機種金額価格差
iPhone12 64GB94,380円0円
iPhone12 128GB99,880円+5,500円
iPhone12 256GB111,980円+25,420円

Apple公式で購入した場合の価格差。

64GB増やすと5,500円かかることになります。


最新モデルで最大ストレージにするとかなり高くなる印象。

それなら64GBのiPhone12Proが欲しくなりますね。

中古でiPhoneを購入する場合(目安)

メルカリで中古iPhoneを買う場合

私が愛用するメルカリでチェック。


iPhone8iPhone11の2機種で調べてみました。

大きな破損・傷が無い美品のざっくりした相場です。
(2021年5月時点)

機種金額価格差
iPhone8 64GB16,000円0円
iPhone8 256GB21,000円+5,000円
iPhone11 64GB62,000円0円
iPhone11 128GB66,000円+4,000円
iPhone11 256GB70,000円+8,000円

中古でも1グレード増やすと5,000円上がるのは同じですね。


ただ大容量モデルがぐっと安くなるのが中古の良いところ。

iPhone11の128㎇、256GBモデルは相場から見ると安いです。


8,140円でApple公式バッテリー交換ができます

バッテリーだけ消耗しているiPhone11が安く出品されていたら狙い目です。

iCloudの料金 ストレージを増やすより安い

iCloud課金の月額

個人利用であれば50㎇プラン、月額130円(税込)で充分です。

年額1,560円2年使っても3,120円。

5,000円かけてiPhone購入時にストレージ容量を増やすよりも、iCloud課金した方が安い事がわかります。


支払方法はクレジットカード以外にiTunesカードでも可能。

使いたい金額だけコンビニで買えます。
学生さんやお子様分にオススメです。

iCloudとは何なのか 最初はわかりにくい

iCloudとは 公式ページ
引用:Apple公式 iCloudとは
USED LIFE

よくわからないですよね。
私も最初意味不明でした。

・写真、動画データの圧縮
・自動バックアップ
・メールアドレスの取得(icloud.com)
・「探す」機能の利用

具体的にはこれがメインの機能です。
一番大事なのははデータ圧縮機能!

iCloud課金のメリット

①iPhone本体のデータ容量を大幅に減らせる

データ容量を大幅に減らせる

iCloudに課金する最大のメリットはiPhone本体のデータ容量を大幅に減らせることです。

写真アプリ内の画像・動画データの大部分をiCloudへ自動的に移動。
iPhone本体のデータサイズを軽くしてくれます。

これにより、少ないストレージのiPhoneでも快適に運用可能に。

USED LIFE

ここがちょっとわかりにくい点。

サムネイル用の画像しか本体に残してない状態にしてくれます。
画像を使用したい時だけiCloudから本体データをダウンロード。

画像の下に☁のマークがあるのがiCloudに保存されているデータです。

圧縮率はなんと約1/40!

250㎇使っていてもiPhone本体で消費するのはたったの6.25GB!
自動的に容量の大きいファイルを処理してくれます。

②データを自動バックアップしてくれる

iCloudでログインしている端末のバックアップデータを自動的に取ってくれます。

iPhoneだけでなく、iPad・AppleWatch・macなどApple製品全体が対象


複数端末のバックアップは無料付与の5㎇だと容量足りませんが、50GBあれば問題無し。

どの端末にトラブルが起こっても最新状態まですぐ戻せます。

③Apple製品同士の連携が出来る

Apple製品同士の連携

同じiCloudアカウントでログインしているApple製品同士は連携する事が出来ます。

具体的には、以下のアプリを共有して利用可能。

・写真
・メモ
・連絡先
・メール
・カレンダー
・iCloud Drive
・Pages
・Numbres
・Keynote
・リマインダー
・「探す」

PCでCloudログイン

中でも便利なのが「写真」です。

連携している端末では自動的に写真が共有されます。


iPhoneで撮影した画像をiPadで編集。
iPadで編集した動画をmacからYouTube投稿など自由自在。



①で説明した画像サイズ圧縮と同時に複数端末での連携が出来るのがiCloudの凄いところ。

私はiPhone・iPadPro共に最小サイズの64GBを使っています。

特にiPadは画像や動画編集が目的だったので64GBで足りるか心配でした。


でもiCloud課金をすることで、何の問題も無く利用出来ています。

iCloud、ほんとすごいですよ。


併せて読みたい:メルカリで買った中古iPadproでブログ運営して気付いた7つの事

iCloud 写真サイズ圧縮の設定方法

iCloudで写真サイズ圧縮する場合の設定方法です。

まず課金する場合はこちらの手順で設定します。

【設定】 → 一番上の自分の名前 → iCloud → ストレージを管理 
→ iCloudのストレージプランを変更 →  希望する容量を選択 です。

iCloudストレージのアップグレード


私は今50㎇のプランに加入しています。

今度は写真サイズ圧縮の設定を行います。

【設定】 → 【写真】 → 
【iCloud写真】をON 
【iPhoneのストレージを最適化】にチェック

これだけで完了です。
 

iPhoneのストレージを最適化

iPadを使う時は同じように設定。

iPadの設定方法

設定完了です。

これでiPhone・iPadの写真容量が圧縮され、両方の端末でデータ共有することが出来ます。

両方持っている人は絶対試してください!
世界が変わる便利さです。

👆まとめ iCloudは月130円課金する価値がある

・大容量ストレージモデルを買うよりiCloud課金した方がお得

・iCloudを使えばApple製品同士の連携力が更に高まる 使わないのは損

・iCloud最大のメリットは『iPhone本体のデータ容量を大幅に減らせる事』

・64GBモデルでもストレスなく運用できるようになる

・iPhoneだけでなく、iPadやmacなど他のApple製品ストレージ容量も削減できる

USED LIFE

ここまで出来て月130円!?
ペットボトル1本分より安いです。

Googleフォト有料化で困っている人も是非iCloudを検討してみてください。

個人的にはApple製品同士で連携させるなら加入しないと損!

iCloudを使えば最小ストレージ容量のiPhone・iPadで充分運用可能。

是非試してみてください♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる